まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ウマノアシガタ 植栽

ウマノアシガタ 花
キンポウゲ科 キンポウゲ属
123456789101112

Ranunculus japonicus Thunb.

花は2cm程度。非常につやのある花弁で、反射が激しく白く飛ばないように写真を撮るのが難しい。そもそも飛ばしてもよいと私は思っているが。
花弁の先端が切れ込む場合がある。
花弁の形状は、細長いキツネノボタン等と異なり、丸みが若干強いため、完全に開ききるまでは花弁同士の重なりが大きい。(※個体差があるので区別の手段にはならない。)
草丈は30cmから40cm程度。
千葉という土地柄か…門の前等での植栽が見られた。この場所には今はもうない。(飽きたのだろうか。)

…ウマノアシガタという名前だが、馬には見えない。むしろ鳥の足だ。「鳥の足形(トリノアシガタ)」。

植栽ものが見られたので記事にしてあるが、ちゃんとした別の記事に自生のものを掲載しているのでそちらを参照。

花の拡大

ウマノアシガタ 花 若干成熟が進んで中心部が膨らみ緑色が目立ってきている。

下部の葉と上部の葉の様子

ウマノアシガタ 葉 ウマノアシガタ 葉
下部の根生葉では長い柄があり、3つに深裂する。なお、3出複葉で各小葉もさらに3つに深裂するキツネノボタンと比べて、すっきりした印象。
上部の葉(茎葉)は柄がなく非常に深く深裂し、別々の小葉に見えるが、わずかに付け根部分でつながっていて、それぞれの裂片に柄はない。
葉には毛が多い。

花後・果実・最上部の葉、果実ひとつの様子

ウマノアシガタ 果実 ウマノアシガタ 果実 最上部の茎葉は、裂けない長細い葉が3枚に見えるがこれも深裂しただけの1枚の葉。
果実はキツネノボタンに似て残存花柱がかぎ状に曲がるが、ほとんど残らず短い。


花確認:(F5)
実確認:(C5)(C6)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。