まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カキネガラシ

カキネガラシ 全景
アブラナ科
キバナハタザオ属
または カキネガラシ属
Sisymbrium officinale (L.) Scop.

花は5mmから7mm程度、草丈は30cmから50cm程度。
ひょろ長く、茎は四方八方に開出して分枝する。花序軸に寄り添って立っているバランス的に小さな果実が特徴的。
蕾や、茎の一部、葉の主脈と縁に赤紫が入る。
Sisymbrium属は和属名としてはキバナハタザオ属以外にカキネガラシ属とも呼ばれる模様。

細かく分ける場合、果実に毛のあるケカキネガラシ(Sisymbrium officinale (L.) Scop. var. officinale)と果実に毛のないハマカキネガラシ(Sisymbrium officinale (L.) Scop. var. leiocarpum DC.)という変種がある。
以下では両変種をそれぞれ掲載する。

ケカキネガラシ ここから

全草の様子と花序の拡大

カキネガラシ 全景 カキネガラシ 全景 カキネガラシ 花
この様子のせいで、写真を撮りづらい。草むらの中で全景を撮る場合はコンパクトカメラのAFがまともに機能しない場合も多い。

下部と上部の葉の様子

カキネガラシ 葉 カキネガラシ 葉 カキネガラシ 葉
下方と上方の茎葉の様子。
下の方の葉は羽状深裂するが、上の方の葉は披針形に矢尻のような尻尾がつく程度で、ほとんど鋸歯も切れ込みも目立たない。
葉裏に、ほぼ伏した白い軟毛が密生。
葉表には先端向きの伏した白軟毛が散生。

茎の様子

カキネガラシ 茎 茎にも細かい下向きに伏した白い軟毛が密生する。

果実の様子

カキネガラシ 果実 この果実は大きな特徴。花序軸に密着する。長さ1.5cm程度と小さい。
やはり毛深い。

ハマカキネガラシ ここから

全景・花序

カキネガラシ 全景 カキネガラシ 全景 カキネガラシ 花序・花
茎や果実の毛の違い以外、ケカキネガラシと特に差はない模様。
とはいえ、毛のないこちらの方がすっきりしてきれいに見える。
萼にはくねくねした長毛が生える。

葉の様子

カキネガラシ 葉 カキネガラシ 葉 カキネガラシ 根生葉
羽状深裂。頂裂片はちょん切ったように妙な形をしている場合も。目立たないが、葉の表面には伏毛がわりと密に生える場合もある。
右は根生葉。

茎の様子

カキネガラシ 茎の妙な毛 菱形の黄緑のややぷっくりした基部を持った、妙な毛らしき先の尖った突起が茎にまばらに生える。
ケカキネガラシのような白軟毛は生えない。

果実

カキネガラシ 若い果実 カキネガラシ 果実 カキネガラシ 種子の様子
花序軸も果実も無毛
なお、極めて若い果実(花弁や子房がまだ少し残っているような段階)にはかなりまばらに毛が確認できる。(左はまだ伸びていないそのサンプル。)
種子は仕切りのそれぞれの側に、長細い三角がかみ合っている状態で1列に並んでいる。

花確認:
2006(F5)(F6)
2007(F4)(F5)(F6)
2008(F4)(F5)
2009(F4)
実確認:
2006(C5)(C6)
2007(C4)(C5)(C6)
2008(C4)(C5)(C6)
2009(C4)


宮城県版のキバナハタザオ属
または 宮城県版のカキネガラシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。