まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コナスビ

コナスビ トップ・花
サクラソウ科 オカトラノオ属
123456789101112

Lysimachia japonica Thunb.

花は8mmから1cm程度、べたっと地を這うので高さは低く1cmから7cm程度、長さそのものは40cmから50cm程度。極めてよく分枝する模様。
茎には赤紫がさす白いやや下向きのやや開出した軟毛が密生。葉や蕾も毛深い。特に葉は微軟毛が密生し完全にマットな質感。
葉はくすんで灰味のある黄緑。出始めのくしゃくしゃの葉が面白く特徴的なのですぐそれと分かる。
どの時期も草の下、地べたを這っているものが多くあまり目立たないが、栄養状態のよい土壌で林道脇等にあると元気にぴんと直立しているものも見られる。(近縁別種もあるので注意。)

個体差はあるが冬場は基本的に全草がややどす黒い渋赤紫

全景

コナスビ 全景 コナスビ トップ

花の様子

コナスビ 花 コナスビ 花 コナスビ 6裂花 基部近くまでよく裂けているので一瞬5弁に見える。花冠裂片は卵形。オシベは45から60度に開く。萼は花冠の切れ込みと丁度ずれるので正面からもはっきり見える。
右は6裂したもの。

葉の様子

コナスビ 葉 葉も軟毛だらけ。2cmから大きくても3cm程度で、下部では対生、上部では多少ずれたりはっきりとずっと離れた互生になる部分が出てくる。
(上部は当然まだ詰まっているのでどれも対生にしか見えない場合が多いのだが、同じ部分を見ていれば段々ずれてくる場合も多い。葉と苞葉が切り替わるタイミングで変わるわけでもないし、何のきっかけで途中から互生がでやすくなる部分になるのかは不明。…。)
卵形から広卵形で、全縁に近いがややよれて不整なかなり弱い波状、更に前後にも波打っているものが見られる。先端は一応尖っている。

花後と果実の様子

コナスビ 花後 コナスビ 果実
左は結実できなかったもので萎びた花弁が残る。右は同じ場所で結実して既に枯れ萎びているもの。
コナスビ 若い果実 まだ若い果実。軟毛が密生するのが目立つ。横から下向きで水平に拡げた葉の陰になるのであまり目立たない。

コナスビ 果実 コナスビ 果実
朝顔と丸茄子の中間のようなイメージか。わずかに饅頭型に潰れた球形で径3mmから4mm程度、小さくてほとんど目につかないがかわいらしい。萼は宿存し、果実と比べてはるかに大きく、細長い。基部側で果実を包むが先端が外へやや反る。赤カブのような色がわりと鮮やか。


花確認:
2006(F5)(F6)(F10)(F12)
2007(F5)(F6)(F7)(F8)
2008(F5)
2009(F6)
2011(F5)
実確認:
2008(C5)
2009(C2)(C6)

宮城県版のコナスビ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。