まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アレチノギク

Conyza bonariensis (L.) Cronquist

花は頭花の径で5mmから7mm程度。樽型に近い形態で、オオアレチノギクのように強いしもぶくれではない。
草丈は30cmから40cm程度と小型で、オオアレチノギクよりだいぶ小さいのだが頭花は逆に大きいのでずんぐりした印象がある。
(元はムカシヨモギ属の模様。)

全草の様子

アレチノギク 全景

頭花の様子

アレチノギク _normaltouka アレチノギク 頭花 アレチノギク 花の拡大
花は白に分類したが生成りといった感じに少し色味がある。中心部の花は筒状花で、一段奥へ引っ込んでいて黄色い
分かりづらいが周囲には舌状花が密集していて、立っているため一段高い
総苞先端が赤く染まり、樽の崩れを防ぐタガのよう。
中央と右のものは周辺の荒れ地でよく見られる赤味の極端に強いもので、総苞だけではなく舌状花にも染まりが出ている。

葉と茎の様子

アレチノギク 葉 アレチノギク 葉 アレチノギク 茎
葉は長細い。(ただし根生葉や大きめの葉では不整に細く羽状に裂け、裂片は前方へ向かっている。)
茎は毛深く、葉の縁には細かい毛が密生する。

花確認:
2006(F5)(F6)(F7)(F8)
2007(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)
2008(F8)(F9)(F11)
実確認:
2008(C8)(C9)

宮城県版のイズハハコ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。